So-net無料ブログ作成

SoftBankの料金体系 [携帯]

携帯を買い換える時にSoftBankのお店で色々説明を受けた。

あまり発信しないし着信もあまり無いのでとにかく安いプランを希望、
知り合いにSoftBankが多いのでホワイトプランがお得なのではと漠然と考えていた。

単純にホワイトプランにした場合には、
980円 これだけで済むはずであるが、
これにメールやインターネットアクセスのために月額300円必要。

この他にオプションとして、

あんしん保証パック(498円)と基本オプションパック(498円)の加入を勧められる。

あんしん保証パックは携帯紛失や、機種交換の時に割引になるほか、
1年契約するとバッテリーパックを1個無料で交換してくれる。
2年程度でバッテリーがヘタって来た頃交換すれば長く使えるというわけだ、、、が、、、
2年で1万2千円…うーん保険と思えばいいのか微妙な金額だ。

基本オプションパックは、
しょーもない機能がセットになって割引になっているので一旦加入するものの、
即解約ということになるだろうが、
基本オプションパックに加入しないと、
携帯購入時に初期費をお店にとられてしまうのでひとまず加入しておく。

と、これで、月額費用は980円+300円+498円=1778円で決定。

さて、携帯の価格だが、新スーパーボーナスを使って24ヶ月払いにしたので、
今後2年間月額3280円(機種によって違う)を支払う必要があるが、
2200円(機種によって違う)割引がついてくるので、下記のようになるらしい。

月額費用1778円+(無料通話分422円)-2200円=0円
     +
携帯代3280円

更にポイントをここで使うと月額Max1080円(機種によって違う)が値引きになるので、
(通話+パケットを422円で収められれば)

月額2200円 が当面の支払いで、ポイント割引分(自分の場合1年半程度)1080円が無くなったあとは、

3280円、そして2年後からは1778円+通話料ということになる。

初期費としてお店で1050円払い、請求時に2000円だかの機種変更手数料が請求されることになる。

シャープのキャンペーンで5000円キャッシュバックがあるので、
この分くらいは取り戻せたわけだ。

それにしてももっと簡単な料金体系にできないもんだろうか。

SoftBank821SHをミュージックプレーヤーにする(その2) [携帯]

結局、会社帰りに携帯とPCを接続するUSBケーブルを購入してきた。
980円也。ポイントで買ったので実質0円。

携帯(SoftBank821SH)をミュージックプレーヤーにするためには、
各種のソフトが必要。

その1)S!ミュージックコネクト
ソフトバンクが無償で提供している音楽管理ソフト
CDからWMA形式で取り込んだり、
WMA形式の楽曲を携帯に転送できる。

ダウンロードしてインストールする。

うちのパソコンでは、
.NET Framework Ver2.0が無いという事でインストールが途中で止まったので、
マイクロソフトのサイトからダウンロードしてインストールした

その2)USBドライバ
これはシャープのサイトからダウンロード、
携帯の付属CDに入っていると書いてあったが、
箱の中にCDは入ってなかった…
これをダウンロードしてインストール

これでようやく音楽ファイルを取り込む準備ができた。
WMA形式のファイルはいくつか持っていたので、すぐ携帯に転送できた。

詳しい方法はこちら

携帯にUSBケーブルを差し込んだ後、
携帯に「USBケーブルをパソコンに差し込んでください」
と表示されてからパソコンに接続するのがコツ。
これを間違えてなかなか転送できなかった。

これらの手順を踏んで携帯に音楽ファイルを転送できた。

通勤途中歩きながら音楽が聴けるようになってなかなか快適になった。
でも、所詮、携帯で音楽プレーヤーとしての機能は貧弱だ。

以下、次回に続く。

SoftBank821SHをミュージックプレーヤーにする(その1) [携帯]

今日携帯を買い換えた。
携帯に関するこだわりはあまり無いので、
SoftBankショップで適当なのを選んだ。

先日シャープの携帯を買うと5000円商品券プレゼント、
というキャンペーン告知のメールが届いたので、
東芝も候補に上ったが結局シャープの821SHを購入。

この機種の特徴はとにかく薄くて軽いことだ、
僕は、普段は音楽を聴くことが無いが、
これならミュージックプレヤーとしても使えるかもと思って早速挑戦。

とりあえず1GBのマイクロSDカードを購入1380円也。
安ければ980円とかでもあるけど、
何はともあれ必要なので買ってしまう。

相変わらず説明書には簡潔に書かれていないのでよくわからない、
でも理解できたのは、

1)USBケーブルが必要
2)PC用ソフト(S!ミュージックコネクト)をインストールする必要がある
3)CDもしくはWMA形式のファイルしか取り込めない

ということだ。

これは非常に制限があると思う、
特に問題は、MP3形式のファイルを気軽に取り込めないことだ、
それにUSBケーブルを持っていない、

では、MP3形式のファイルを聞くためにはどうするか、
裏技的な方法があって、AAC形式に変換すれば取り込めるらしい、

BonkEncというソフトを使い、
MP3形式からAAC形式に変換を行い、
SDカードのPRIVATE-MYFOLDER-MY items-Musicにファイルを入れれば聞く事ができる。

MP3からAACの変換は、iTunesでもできるようなので、
一般の人はそちらを使ったほうが楽かも。

これで、無事手持ちのMP3データを活用できるようになった。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。